雨音にとけて


窓を叩く雨音が
ひとりの夜に哀しい
消したはずの恋心
忘れたはずの思い出

雨に降られた 初めてのデート
慌てて買ったビニール傘に
少し照れながら相合傘
半分ずつ雨に打たれてた

雨上がりの虹を二人で見ていた
夕暮れ迫る歩道橋の上


冷たい雨に濡れながら
君の部屋へと急いだ
ドアの向う待つ笑顔
少しでも早く見たくて

濡れた前髪 指で拭っては
風邪ひくわよと心配そうに
熱いコーヒー入れてくれた
君と二人雨に溶けていった

なにもない部屋に響く雨音
やさしさだけが溢れてた時間

降り止まぬ雨が思い出させる
終わった恋の儚いぬくもり
失くした恋のやさしいStory

(2004年 作詞・詞先 / 公開)

作編曲・演奏・歌 蓮
July 19, 2007 16:36
カテゴリ:コラボ曲歌詞
| 編集