私はチョコレート

詩「私はチョコレート」

私はチョコレート

あなたといると
暖かい空気に包まれて
すぐに 溶けてしまう
私はチョコレート

あなたと逢えないと
ほろ苦いオモイで
すぐに 溢れてしまう
私はチョコレート

あなたのオモイで
甘い瞬間(トキ)が訪れ
すぐに せつなくなってしまうの

大好き 大好き
大好き 大好き
何度 口にしてももの足りない

あなたの好きなチョコレートになって
ペロリと食べてもらえたら
あなたの身体の中に入って
いつでも 一緒にいられるのに

そんな馬鹿げたことを 考えるのも
すべては 愛しい あなたのせい
私はチョコレート

すっかり あなたに 
溶けてしまったチョコレート

(2004年 詩作)

ポエムとして書いたものに ほぼそのまま 曲がつきました。

作編曲・演奏・歌 keychan
July 20, 2007 12:03
カテゴリ:Special Thanks
| 編集