春色想い


急ぎ足で過ぎる日々
変わる季節に追いつけない
ひとりで抱え込むのは
いつもの悪い癖よ あなた

戦うことに疲れた
あなたを守ってあげる
なんてね
言葉にならない想いが
春色の風に揺れてる

真夜中 電話してきて
話そうなんて らしくないね
「眠りたくない夜もある」
少し震えた声ね あなた

くじけそうで泣きたいなら
あたしが抱きしめるから
どんなに
深い悲しみも痛みも
温もりで溶かしてみせる


上手くいかないこともある
そんな日は思い出して
いつでも
あたしは此処にいるから
迷わずに帰って来てね

あなたをひとりにはしない
だから心配しないで
なんてね
言葉じゃ足りない想いが
春色の風に揺れてる


(2008年2月 作詞)
tetsuさんから預かった曲を聴いて書いた3つの詞のうちのひとつ。
「イメージ2」

(コラボ作品には 「イメージ3」を使用)
April 29, 2008 23:05
カテゴリ:歌詞倉庫
| 編集